検査のご案内

一般レントゲン撮影

主に胸部撮影、腹部撮影、骨撮影など単純に人体の各部を透過したX線を写真として記録します。 記録方法は人体を透過したX線を直接フィルムに焼き付けます。

ほとんどの部位の撮影が可能です。

特に、胸部のレントゲン撮影は、肺炎・気管支炎、肺がん、肺結核など肺の病気のみならず、心臓、大動脈、甲状腺、胸郭など胸部に存する臓器、組織の殆どの病気の診断及び治療に大変有効な検査です。

検査機器部屋数機器メーカー
一般撮影室 5室 〔HITACHI製〕
X-TV(透視室) 3室 〔HITACHI製〕
骨密度(DEXA) 1室 〔HITACHI製〕
マンモグラフィー 1室 〔GE製 Semographe800T〕
CT 2室 〔GE製 LightSpeedU/tra16 他〕
MRI 2室 〔GE製 SigmaMR/i 1.0T 他〕